NISA(小額投資非課税制度)

この記事では話題のNISAについて個人的な考えを書いていきます。

これからNISAを利用する方には参考になるかもしれません。
(NISAは別に、積み立てNISA、ジュニアNISAがあります)

NISAは金融庁が推進する個人投資家のための税制優遇制度です。

詳しくは金融庁のページをご覧いただく方が過不足無くご理解いただけるかと思います。
以下にURLを示します。 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

 

NISAを利用する最大のメリットは

  • NISA口座で発生した譲渡益が非課税となる(通常20%課税)
  • 毎年120万円の非課税投資枠が得られる(最長5年のロールオーバー可能)

に尽きると思います。

 

課税対象として税徴収されてしまうことを回避できるとなると大きいですよね。

この制度をうまく利用しない手は無いと誰もが考えるのではないでしょうか。
僕もそう考えました。

 

一方でこの制度を利用した場合に感じるデメリットについて僕が感じたことは以下の二つです。

  • 120万円の枠が損切の感を鈍らせる
  • 損が発生した場合、一般口座との損益通算ができない

 

まず最初の「120万円の枠が損切の感を鈍らせる」について説明していきます。

 

メリットで取り上げた通り、NISA口座で1年で株や投資信託を購入できる枠は120万円までとなります。
すなわち、一度50万円分で購入したA社の株が値下がりした場合に損切を行うと、通年で使用できる枠は残り70万円となります。

 

機械的に損切することは投資において鉄則的なものですが、50万円分の枠を失うと考えると損切する気持ちにブレーキがかかってしまうのです。これで手放すタイミングを逃すと辛い思いをしそうですね。

 

次に「損が発生した場合、一般口座との損益通算ができない」について説明していきます。

 

例えば別の口座で50万円の利益が発生したのですが、NISA口座では50万円の損が発生しました。±0としたいところなのですが、NISA口座の場合は別口座の利益と通算ができず、
この場合、50万円から20%課税された額が引かれ、40万円の利益と50万円の損となり、10万円分の損が残ります。
また、通常この損益が3年間繰り越せるのですが、NISA口座ではそれができません。

 

なかなか歯がゆいところが多いですね。

 

以上のことから得られる教訓としては

  • 長期保有で利益が期待できる個別株あるいは投資信託に投資する

ということです。

 

値動きの激しい新興株や個別株などに投資するにはいささか向いていないように思えますね。

  

余談ですが、金融庁のNISA利用状況調査結果に面白い現象が見られます。
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20190920/01.pdf

NISAを利用している方の訳70%以上が50歳以上となっています。これは平成26年から一貫しているようです。察するに、若い世代は120万円の枠を使いきれるほど金額的に余裕がないことに由来すると考えられます。

また、このデータ集からNISAで買われている最も多い商品は投資信託であることがわかります。

最初からこのデータを見ていれば、何等かの対策ができていたでしょうね。

以上からわかりますように、情報を収集することができるかどうかで得をするか、損をするかが決まります。賢く情報収取するためには、常にアンテナを張り、正しく情報を集めることが必要不可欠となります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました